v-ifで条件分岐をしよう!(Vue入門③例題付き) (8)
Laravel

laravelで検索機能を実装する

Laravelde検索機能を実装します。イメージは下記の動画の感じ。タイトル、タグ、本文に対してあいまい検索を行なっています。 実装開始 ①inputタグを作る まずはformのinputタグを作って見た目の部分を整えます。今回はbootstrapを使っているので、classが見にくいかもしれません。 ポイントは ・formのactionを入れない事。・inputのvalueをvalue=”{{request(‘search’)}}”にする事(入力すると値がURLに反映されます)。 辺りかなと。 ②controllerに検索処理を書く 検索機能のポイントは ・whereでLIKEを使う事であいまい検索にしている・orWhereを使う事で、タイトル、タグ、本文今違って検索している 辺りです。 ついでにページネーション入れる ページネーションはこれですね。検索結果や一覧ページをページに分けて表示するやつです。 Laravelに基本的な機能が備わっているので、秒で作れます!! まずcontrollerにpaginateを記述します。今回は8投稿でページ遷移します。 次にパージネーションを設置したい所にこちらを記述します。 少し見た目を変えたいので、ファイルを変更します。 コマンドラインで下記を打ちます。 …

Read More
v-ifで条件分岐をしよう!(Vue入門③例題付き) (8)
Laravel

Laravelのfactoryでダミーデータを生成する!

テスト用にダミーデータが欲しいときの方法を記します。Laravelにあるfactoryを使えば、このようにダミーデータを50件直ぐに用意することが可能です。 一覧画面 内容 手順 前提 DBが既にある前提でダミーデータを生成していきます。今回は投稿を複製したいので、postテーブルを使います。 構造はこんな感じ ①factoryを生成 こちらのコマンドでfactoryが database/factories配下に作成されます。 ②PostFactory.phpにコールバック関数を定義する ダミーデータとして登録したい内容は「title」「tag」「body」なので、それらをコールバック関数として定義します。 の様に$fakerを使うとランダムで値を取得できます。fakerで取得できるデータはこんな感じ。 https://qiita.com/Sa2Knight/items/fb82be7551cc84764267 ③tinkerで作成できるか試してみる tinkerはお手軽にコマンドを試したりデバックができるツールです。簡単な概要はこちら https://qiita.com/juve_534/items/96dc6e7e0652dced1428 早速作ったfactoryを試していきます。 …

Read More
v-ifで条件分岐をしよう!(Vue入門③例題付き) (8)
Laravel

Laravel Debugbarを使ってサクサクデバッグしよう!

Laravel Debugbarとは? こんな感じでブラウザの下に出てくるデベロッパーツールのようなものです。みたことある人も多いはず! まずは導入方法です。 Laravel Debugbarの導入方法 この記事通りに進めていけば、問題なく導入できるはずです。 https://larapet.hinaloe.net/2017/03/07/%E9%96%8B%E7%99%BA%E3%81%AB%E6%AC%A0%E3%81%8B%E3%81%9B%E3%81%AA%E3%81%84-laravel-debugbar-%E3%81%AE%E5%B0%8E%E5%85%A5/ config/app.phpへの記述部分が少し迷うかもしれませんので、参考にコードを載せておきます。(Laravel Debugbar用と書いてある所が追記部分です。) Laravel Debugbarの使い方 Laravel debugbarには様々な機能がありますが、その中で僕が主に使っている機能を載せておきます。 変数やオブジェクトの出力(var_dump) phpでの動作確認では欠かせないvar_dump。javaScriptで言うところのconsole.log()ですね、、 これをLaravel Debugbar上で行えます。 …

Read More
v-ifで条件分岐をしよう!(Vue入門③例題付き) (8)
Laravel

LaravelのMail::sendでメール送信機能を実装する

はじめに Laravelを用いたサービスでお問い合わせ機能や、その返信にbcc、replyを実装する方法についてまとめます。要はLaravelでメール送信を行う機能の実装です。 Laravelでメール送信を行う方法はいくつかありますが、今回は特に実装が簡単なMail::sendを用いた実装方法について見ていきましょう。 controrollerの作成 メールの送信動作は、各自のルーティングでweb.phpに記載してください。実際のメール処理はMailSendControllerにて行います。 例えば以下のようなcontrollerだとabcde@exampleにテストメールという件名のメールが飛びます。 ここの->subjectの部分にbccやれplyToなどの要素を足していく事で、メールの細かい設定が可能です。 以上 …

Read More
v-ifで条件分岐をしよう!(Vue入門③例題付き) (12)
Laravel

Laravelのslot機能でボタンの文言を変えて使い回す!

はじめに Laravelのbladeでhtmlのコーディングを行っていると、「Vueのコンポーネントの様に中身だけ変えて使い回したい!って場面が多々出てくると思います。 そんな時にLaravelに元々あったsectionとは別にslotという機能がめちゃくちゃ感覚的に使えて良かったので説明していきます。 slot機能とは まず、プロダクトの中で使い回すパーツをコンポーネントと呼びます。 例えば、こんな感じのボタンですかね。 これをslot機能を使う事で、中の文言だけ変えて色々なところで使い回していきます。 slotの使い方 コンポーネント作成 まずコンポーネントを作っていきます。 変えていきたい部分を {{$slot}} としておきます。 ちなみにボタンのscssはこんな感じですでに定義しています。 これにてボタンのコンポーネントはできました。 コンポーネントを呼び出す 先ほど作ったコンポーネントを呼び出していきます。 この様に('button')の部分にコンポーネント名。 …

Read More
Select the fields to be shown. Others will be hidden. Drag and drop to rearrange the order.
  • Image
  • SKU
  • Rating
  • Price
  • Stock
  • Availability
  • Add to cart
  • Description
  • Content
  • Weight
  • Dimensions
  • Color
  • Additional information
  • Attributes
  • Custom attributes
  • Custom fields
Compare
Wishlist 0
Open wishlist page Continue shopping