create-react-app の中身を解説。「hello world」を出力してみよう

React

create-react-appとは

Facoebookがreact発表後から4年経ってようやく作った、非公式ながら、ほぼ公式のコマンド。テンプレート のスケルトンができる。

構成

作られたreacrプロジェクトは以下の3つから構成される。

react本体

react本体のパッケージ。

react-dom

DOMを抽象化して、react側で操作できる様にするレンダラーのパッケージ。

react-script

様々なパッケージの集まり。Babel、webpack、Jest、PWA化などに対応している。

create-react-appを実行

さて、実際にreactを手元にインストールしてみる。

ターミナルで下記コマンドを実施する。

$ npx create-react-app hello-world --template typescript

hello-worldはプロジェクト名。適宜変更する。

–template typescriptを使う事で、TypeScriptのテンプレートを指定している。

We suggest that you begin by typing:

cd hello-world 
yarn start

Happy hacking!

この様な文言が出たらインストール成功。

指示通り「cd hello-world」「yarn start」を実行すると、ブラウザにデフォルトの画面が現れる。

create-react-appの中身を見ていく

まずpublic/index.htmlを確認する。

表示されているbodyの部分を確認するとこの様になる。

<body>
    <noscript>You need to enable JavaScript to run this app.</noscript>
    <div id="root"></div>
</body>

id=”root”の部分がメインなので、scr/index.tsxを確認する。

src/index.tsx

ReactDOM.render(
  <React.StrictMode>
    <App />
  </React.StrictMode>,
  document.getElementById('root')
);

第一引数:reactコンポーネントをDOMに描画

第二引数:指定のHTML要素に上書き。
今回は「document.getElementById(‘root’)」としている為、index.htmlの<div id=”root”></div>に第一引数のDOMを描画する。

<React.StrictMode>とは??

index.tsxの<App/>のラッパーである<React.StrictMode>はStrictモードを有効にするラッパーである。

Strictモードを有効にする事で、潜在的な問題点をWorningで教えてくれる。

src/App.tsx

index.tsxの<App />の中身はApp/tsxに記載されている。

App.tsxはReactコンポーネントにあたる。

Reactアプリケーションはコンポーネントの組み合わせで構成される!!

コンポーネントはパスカルケース(大文字始まり)で表記する為、今回はApp.tsxとなる。

コンポーネントは関数 or クラスで実装される。

今回は関数で描かれている。

import React from 'react';
import logo from './logo.svg';
import './App.css';
function App() {
  return (
    <div className="App">
      <header className="App-header">
        <img src={logo} className="App-logo" alt="logo" />
        <p>
          Edit <code>src/App.tsx</code> and save to reload.
        </p>
        <a
          className="App-link"
          href="https://reactjs.org"
          target="_blank"
          rel="noopener noreferrer"
        >
          Learn React
        </a>
      </header>
    </div>
  );
}
export default App;

今回はここのファイルを編集する。

hello worldと表記するために、<p>タグの部分を変更し下記の様にする。

import React from 'react';
import logo from './logo.svg';
import './App.css';

function App() {
  return (
    <div className="App">
      <header className="App-header">
        <img src={logo} className="App-logo" alt="logo" />
        <p>
          Hello,World!
        </p>
        <a
          className="App-link"
          href="https://reactjs.org"
          target="_blank"
          rel="noopener noreferrer"
        >
          Learn React
        </a>
      </header>
    </div>
  );
}

export default App;

すると以下の様に「hello world」が出力されれば完成!!!

コメント

Select the fields to be shown. Others will be hidden. Drag and drop to rearrange the order.
  • Image
  • SKU
  • Rating
  • Price
  • Stock
  • Availability
  • Add to cart
  • Description
  • Content
  • Weight
  • Dimensions
  • Additional information
  • Attributes
  • Custom attributes
  • Custom fields
Compare
Wishlist 0
Open wishlist page Continue shopping
タイトルとURLをコピーしました