JavaScriptのローカルストレージ(LocalStrage)とは?CRUDの方法を解説

JavaScript

ローカルストレージ(LocalStrage)とは

ローカルストレージ(LocalStorage)とはJavaScriptをを使って、データをwebブラウザ(クライアント側)に保存することができる仕組みです。
データベースを用いずにデータを保存しておける点が魅力です。

Webサイトでよく出てくる「最近閲覧した○○」などで使われています。

cookieとの違い

一般的に使われているcookieとの違いは大きく二点。

・データの保持の期間、容量
・サーバーへの送信

データ保持の期間、容量

ローカルストレージはデータの保持が無期限です。

これはメリットの様で、削除しない限りデータが残り続けるのでデメリットとしても捉えられています。
その点、cookieは任意の期限を決めることが可能です。

また容量に関してはローカルストレージの方が多いです。
※使っているブラウザによって差はある

サーバーへの送信

cookieはサーバーへデータを送信します。

ローカルストレージはブラウザのみでデータを保持するため、サーバ側へのデータの送信はありません。

ローカルストレージの使い方、CRUD

Create(追加)、Update(更新)

createだけじゃなく、updateも同じ様に行える。


localStorage.setItem('key','値')

Read(読み取り、取得)

localStorage.getItem('key')

Delete(削除)

// locaStorageからkeyの値を削除
localStorage.removeItem(key);

// locaStorageから全てを削除
localStorage.clear();

おまけ-JSONの変換-

ローカルストレージはJSON形式でデータを扱うことが多いため、ついでに文字列とJSON形式でのデータの変換方法を記載しておきます。

//オブジェクトや文字列をJSON形式に変換する
JSON.stringify() 

//JSON形式で書かれた文字列をJavaScriptのJSONオブジェクトに変換するメソッドです。
JSON.parse()

コメント

Select the fields to be shown. Others will be hidden. Drag and drop to rearrange the order.
  • Image
  • SKU
  • Rating
  • Price
  • Stock
  • Availability
  • Add to cart
  • Description
  • Content
  • Weight
  • Dimensions
  • Additional information
  • Attributes
  • Custom attributes
  • Custom fields
Compare
Wishlist 0
Open wishlist page Continue shopping
タイトルとURLをコピーしました