JavaScriptのif文

JavaScript

if文の基本形

boolean型と比較演算子

boolean型は変数の方であり、false、trueのどちらかが入る。の本後でいう所の正誤である。

let temp =31
let isFreezing = temp === 32

console.log(isFreezing)
//false

この例では、isFreezingにはboolean型の値が入る。
tempは31と定義されていて、「===」 は同じ値かどうかを判断する比較演算子なので、今回はfalseを返す事になる。

比較演算子でメジャーなものはこの通りである。

文言の場合に「true」を返す
=== 同じ値
!== 違う値
<  低い
> 高い
<= 以下
>= 以上

if分を使ってみる

if(true){
 trueの時にしたい処理
}else{
 falseの時にしたい処理
}

if()の中にはboolean型が入り、trueの時は{}野中の処理が走る。
elseでは。ifの場合以外での処理が走る。

例えば、年齢が20歳以下なら「お酒は飲めません!!」、そうでない場合は、「注文できます!」と表示すると以下の様になる。

let age = x;

if(age < 20){
 console.log("お酒は飲めません!")
} else {
 console.log("注文できます")
}

else ifを使うと3つ以上のパターンに分けられる

if、else if、elseを使い分ける事で3パターン以上の場合分けも可能です。
今回はtype = waterとしているので、console.logでは「ゼニガメ」と出力されます。

let type = water

if(type = fire){
 pokemon = "ヒトカゲ"
 }
else  if(type = water){
 pokemon = "ゼニガメ"
}
else{
 pokemon = "フシギダネ"
}

console.log(pokemon)
// ゼニガメ

コメント

Select the fields to be shown. Others will be hidden. Drag and drop to rearrange the order.
  • Image
  • SKU
  • Rating
  • Price
  • Stock
  • Availability
  • Add to cart
  • Description
  • Content
  • Weight
  • Dimensions
  • Color
  • Additional information
  • Attributes
  • Custom attributes
  • Custom fields
Compare
Wishlist 0
Open wishlist page Continue shopping
タイトルとURLをコピーしました