Laravelのfactoryでダミーデータを生成する!

Laravelのfactoryでダミーデータを生成する!

v-ifで条件分岐をしよう!(Vue入門③例題付き) (8)

テスト用にダミーデータが欲しいときの方法を記します。
Laravelにあるfactoryを使えば、このようにダミーデータを50件直ぐに用意することが可能です。

一覧画面

内容

手順

前提

DBが既にある前提でダミーデータを生成していきます。
今回は投稿を複製したいので、postテーブルを使います。

構造はこんな感じ

  public function up()
    {
        Schema::create('posts', function (Blueprint $table) {

            $table->bigIncrements('id');
            $table->integer('user_id');
            $table->string('title');
            $table->string('tag1');
            $table->string('tag2')->nullable();
            $table->string('tag3')->nullable();
            $table->text('body');
            $table->timestamps();
        });
    }

①factoryを生成

php artisan make:factory PostFactory

こちらのコマンドでfactoryが database/factories配下に作成されます。

②PostFactory.phpにコールバック関数を定義する

<?php

/** @var \Illuminate\Database\Eloquent\Factory $factory */

use App\Post;
use App\User;
use Faker\Generator as Faker;

$factory->define(Post::class, function (Faker $faker) {
    return [
        'user_id' => User::pluck('id')->random(),
        'title' => $faker->title,
        'tag1' => "ダミータグ",
        'body' => $faker->text,
    ];
});

ダミーデータとして登録したい内容は「title」「tag」「body」なので、それらをコールバック関数として定義します。

 $faker->title

の様に$fakerを使うとランダムで値を取得できます。
fakerで取得できるデータはこんな感じ。

https://qiita.com/Sa2Knight/items/fb82be7551cc84764267

③tinkerで作成できるか試してみる

tinkerはお手軽にコマンドを試したりデバックができるツールです。
簡単な概要はこちら

https://qiita.com/juve_534/items/96dc6e7e0652dced1428

早速作ったfactoryを試していきます。

php artisan tinker

これでtinkerを呼びます。

>>> factory(App\Post::class)
=> Illuminate\Database\Eloquent\FactoryBuilder {#3074}

と打つとちゃんとPostFactoryクラスが反映されている事が分かります。

factory(App\Post::class)->create()

でダミーデータが生成されます。

こんな感じですね。

=> App\Post {#3053
     user_id: 2,
     title: "Ms.",
     tag1: "ダミータグ",
     body: "Qui est et sit inventore consectetur excepturi. Non eligendi quasi ut deserunt commodi nulla. Possimus odit qui quis porro ad molestias atque sunt.",
     updated_at: "2020-06-02 07:13:31",
     created_at: "2020-06-02 07:13:31",
     id: 8,
   }

「user_id」、「tatile」、「body」がランダムの値になっています。

ブラウザ側で見てもちゃんとデータは生成されていますね。

seederを使って量産する

factoryでデータが作れたので、次はseederを使ってデータを量産していきます。

databases/seeds/databaseSeeder.phpに記述を書いていきましょう。

<?php

use Illuminate\Database\Seeder;
use App\Post;

class DatabaseSeeder extends Seeder
{
    /**
     * Seed the application's database.
     *
     * @return void
     */
    public function run()
    {
        factory(Post::class, 50)->create();
    }
}

内容はシンプルで、Postクラスを呼び出して50個データを作成できます。

コマンドラインにて

php artisan db:seed

を打ち込めばデータが50個ほど投入されています。
これにて完了。

Leave A Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Select the fields to be shown. Others will be hidden. Drag and drop to rearrange the order.
  • Image
  • SKU
  • Rating
  • Price
  • Stock
  • Availability
  • Add to cart
  • Description
  • Content
  • Weight
  • Dimensions
  • Color
  • Additional information
  • Attributes
  • Custom attributes
  • Custom fields
Compare
Wishlist 0
Open wishlist page Continue shopping