vscodeでgit historyを使いこなす!

LIFE

git histryはvscodeの拡張機能

git histryはcommit単位で差分を見る事ができるvscodeの中でも外せない拡張機能です。

これを使えば
・以前のcommit後の状態にファイル毎に飛ぶ!
・それぞれのcommit間での差分を確認する!
などが出来ます。

gitでの変更履歴の確認には欠かせないツールですね。

git historyをvscodeに導入する!

1 vscodeの拡張機能で「git history」で検索する。
2 インストールしてvscode内で有効化する。

git historyの使い方

1 vscode上で変更履歴を見たいファイルを右クリック→「Git:View File History」をクリック。

2 変更履歴を確認したいcommitを選ぶ

この画像では一番上の修正版_2を選んでますね。
上のタブの部分を使えばブランチ、作成者での絞り込みもできます。

3 ファイルを選択してcommit差分を見る

こんな感じでcommit一覧の中から差分を見たいcommitを見つけます。
今回は「コミット修正」を選んでますね。

次に、選んだcommitの中で変更履歴を確認したいファイルを選んで、「compeir ~~ workspace」でワークスペースとの差分を確認しています。

この様に「commit→file→workspaceかcommit前との差分か」の流れで変更履歴を見ていけます。

まとめ

今回はgit historyでの変更履歴の確認方法についてまとめていきました。
慣れないうちはgitでの作業は常にハラハラするし、失敗もつきものだと思います。
こちらにてあるあるミスについてもまとめたので、興味あれば参考にしてください。

コメント

Select the fields to be shown. Others will be hidden. Drag and drop to rearrange the order.
  • Image
  • SKU
  • Rating
  • Price
  • Stock
  • Availability
  • Add to cart
  • Description
  • Content
  • Weight
  • Dimensions
  • Additional information
  • Attributes
  • Custom attributes
  • Custom fields
Compare
Wishlist 0
Open wishlist page Continue shopping
タイトルとURLをコピーしました