【Laravel】laravel.logをclearする方法

はじめに

laravelのdebugでLog::Debug()を頻繁に使っていると、laravel.logはすぐに容量が増えてしまいます。


コード量が増えるとlogが見辛くなるので、こまめにclearしておきたいですよね。

clearの方法が分からずに放置していたら、今日ついにファイルサイズをオーバーしてしまいました。

これをこんな感じにしていきます。

解決策

解決策は簡単です。
プロジェクトパスで以下のコマンドを打つだけ。

cat /dev/null > storage/logs/laravel.log

軽く解説するとLinuxなどのOSにはdev/nullというブラックホール的なファイルがあります。
これ自身は空データでさまざまな使い道があります。

cat /dev/nul > "path"

でpathのファイルを空にできます。
今回はこれを使った訳です。